愛猫「すみちゃん」の事・その1

すみれ2
あれは


2匹の猫、すみれ(愛称すみちゃん)と、たんぽぼ(愛称たんたん)を飼い始め


数年たった頃の事でした


リビングに隣接している自室で仕事をしていたら


ドスンという音とともに、いつもと違う「すみれ」の鳴き声が…


すぐさまリビングのドアを開けると「すみれ」が階段から落ちたらしい様子


痛そうに前足を引きずり鳴いています


「猫も階段から落ちるんだぁ」と妙に驚いた事を覚えています


他には外傷も無く痛めたのは左前足のみらしい


たいした事もなさそうなので様子を見る事にしました


翌日、相変わらず足をかばい3本足歩行


その翌日も、又翌日も…


そうこうしているうちに1ヵ月位経ちましたが変化なし!?


さすがに少々心配になりました


そこで思い出したのがその頃開業し始めたばかりの従兄弟の接骨医


すぐ、連絡をしたら「猫は診たことないけど、連れて来たら…」との事


行きました!(でも、今思うに、何故、獣医に行かなかったんだ…?)


キャリーバックに入れた「すみれ」を抱え待合室に


先にいた品のいい年配の女性がキャリーバックを覗き込み


「あらっ、まぁ、猫ちゃんを診ていただくの?」


「あっ、はい…」と私


やがてその女性が診察を終え、「すみれ」です


キャリーバックから「すみれ」を出して診察する為にベッドへ


当の「すみれ」は我が家に来て以来、初めての外出でビビりまくり


借り猫状態を通り越し、失禁までしています


「よし、よし」となだめ、なんとかベッドの上へ


「すみれ」の前足を診ながら従兄弟曰く


「脱臼かなぁ…だけど、動物を治せたら、かなりの名医だと言われているんだよねぇ…」


そして


「よし!、歩いてご覧」


「すみれ」は怯えまくり、直ぐに部屋の隅に


「あれっ、普通に走った!!」


帰る道すがら従兄弟が名医だったのか


「すみれ」が大袈裟だったのか、ずっと考えていましたが、未だに結論は出ていません


そして「すみれ」はあれ以来時々、何処でも構わず粗相をし続け…


ずっと3本足でいた方が良かったのか、どうなのか


こちらも未だに結論は出ていません


ホント、やれやれ…です


すみれ1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

待ってました!たんすみちゃんネタ(o^^o)
AKとも「たんすみちゃん元気かね〜」って時々話題に上がるのよ。
階段から猫が落ちたなんて聞いたことがない…
人間の接骨院に連れてくって…
朝からクスッと笑わせてもらいました。

Re: No title

yumiちゃん
コメントありがとう
そして、今日は来てくれ本当にありがとう

幸せそうな家族を見ると私もすごく嬉しいです

次は出産記念ライブ?を是非ともお願いします
Access
es cafe
Access
TEL:027-283-6543
〒371-0234
前橋市東金丸町33-13
営業日:土・日
営業時間:11:00-16:00

※営業日について
暫くの間、土日のみ営業です
ご了承ください

【MAP】
こちら をクリックすると広域地図が見られます。
Archive
Searching